特注ものづくり工場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「海軍に入るより、海賊であれ!」

Macintosh.jpg


これは有名なコンピュータMacintosh(マッキントッシュ)の生みの親のひとりであるスティーブ・ジョブスが発した言葉です。
ジョブスに対する批判は痛烈なものが多いのですが、それは浪速乃闘拳と呼ばれる亀田興毅選手に似ているような気がします。
善行であれ悪行であれ、実行力が無ければ世に名前は上がってはこないでしょう。

《パイレーツ・オブ・カリビアン》というディズニーの映画をご存知かと思いますが、老若男女問わず楽しめる素敵な映画です。
私はこの主人公であるキャプテン・ジャック・スパロウがとても好きです。意図的であり偶発的であり即興的であって、たぐいまれな個性を度々に放ち、相手を挑発したり、喜ばせたりしながら我々をワクワクさせてくれます。物語の世界ですがとても頭の良い船長として存在しています。

彼の瞬間的な判断力はとても気持ちがいいものです。
あちこちと遊び歩いているのは伊達ではないということですね。
瞬時に可否を判断するには情報量がモノを言いますから。
ここがジャック・スパロウはただの遊び人ではなくてキャプテンなのだと言わしめるところかと思います。
遊びをただの遊びで終わらせるのではなく、海賊業(仕事)へと結びつけてしまう。

海軍で行くのか?海賊で行くのか?
制帽制服で身を固める工場と、頭にタオルを巻いた職人がいる工場と、工場のあるべき姿を想像すると楽しくなります。
外見うんぬんではなくて心意気なのですけどね。

どんなスタイルをめざすにせよ、パーレイ(条件取引)という掟に捕われない創造を心得ていたいと思います。W
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://matiomalo.blog89.fc2.com/tb.php/8-22ab2249
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。