特注ものづくり工場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わかったような気分

さも経験があってというような輩に出くわす事があります。
話を聴いているうちに高飛車なオーラが段々と醸し出されてきて・・・

仕事を続けていればハッタリを利かせることが必要な場面があるでしょう。
しかしこの技(テクニック)を使い続けていると次第に底の浅さを露呈してしまうことになります。浅さがわかると一気に興ざめしてしまったりするものです。

もうひとつのテクニックにナーナーというものがあります。
なんとなく適当に物事が決まって行き、なんとなく現場に納まるのですが、問題が発生した時には責任者が誰なのかわからなくなっています。

これらは製造工場がやってはいけないことなのですが、勉強を怠っていると中途半端な経験が中途半端なものづくりをさせてしまうことがあります。そんな時には「まぁいっか。」「とりあえず。」こんな言葉を漏らしていたりします。

ついわかったような気分でいることを今一度見直したいと思うのです。
当社は若い力が源になっている特注ものづくり工場です。
だからわからない事を解明しながらものをつくることでこのような体質は是正して行けます。
そういう工場であれば慢心にならずに間違いのないものづくりが出来ます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://matiomalo.blog89.fc2.com/tb.php/31-559a299f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。