特注ものづくり工場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事業部制

20070611082228.jpg

当社は電設盤事業部と特器照明事業部二つの事業部を持っています。
事業部制を敷いた理由は、各事業部で独立採算が出来るようになることを目標としているためです。

事業部制の長所と短所は
長所:利益責任によるすばやい意思決定。経営者育成。
短所:経営資源のムダ。組織の壁。
などです。

問題になるのはこの短所のところです。
両事業部をまたがるワークに取りかかると短所がモロに表面化します。
そこでこの連携を取る部門として、当社では営業開発部があります。
営業開発部はどこの事業部にも属さないスタンスで存在します。
ですから経営資源(人材、設備、スペース・・・)を有効な働きがしてゆけるようにするためには必要とあれば組織の壁を越えます。
今すぐにやらなければいけないと判断すれば即行動する。
事業部を守ることよりも会社を守ることを最優先します。

波風がないと水は淀みやがて腐ります。
腐った水では生物は生きて行けません。
その波風を起こし酸素を送る役目を担っているのが営業開発部です。
新鮮な酸素を吸って人は生きます。

20070611082741.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://matiomalo.blog89.fc2.com/tb.php/15-f35e6b5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。