特注ものづくり工場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツーマンセル

私は単独作業があまり得意ではありません。ところが、この特注照明器具という業界は個人スキルかつ単独行動が主力のようです。同業者さんらも特注照明器具のスペシャリストが一人か二人必ずいます。これはこの世界の特徴なのかもしれません。

しかし一人で何でも出来てしまう個人に頼りきっていると、その方の時代=繁栄時代ですが、終わりも同時に訪れてしまいます。教育の声はあがるものの一人で築いてきたものですから伝授の方法もわからなかったりしますし、その情報量たるや膨大なものです。

またこの業界全般に感じますが、現代は特注人間が育つ土壌ではないのかもしれません。考えなくても自分でつくらなくても欲しい物が目の前にあるという豊富な時代によるのかもしれませんし、バーチャル(ゲームetc・・・)が発達した影響もあるでしょう。創造する機会が極端に減って来ているのだと思います。

警官の方はよく二人(ツーマンセル)でパトロールされているのを見かけます。一人よりも二人の方が危険回避が出来ますし、見落としも少なくなります。また互いから学ぶことも多くなる。重要な仕事の伝授は、時代性を考えるとベテランと若手、あるいは先輩と後輩で組んでOJT(On-the-Job Trainingの略)してゆくのがよいかもしれません。

特注ものづくりの世界も世代交代というウェーブが起こってきています。古き良き時代に蓄えて来た知識、技能などを受け継いで行く時がきたと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://matiomalo.blog89.fc2.com/tb.php/14-fdfa8da9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。