特注ものづくり工場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イージー・ゴーイング

イージー・ゴーイング

20070719093854.jpg


会長(親父)が永眠して今年の夏は三回忌。
眠っている場所はここからはちょっと遠いのだが、墓前にお花を絶やさず飾ってくれる方が今もいる。
それはどんな言葉よりも心が伝わる。

これまでに色々と書いてきたが、会社がどうのこうのということではないのだ。
俺の好きなもののひとつに<ものづくり工場>があるという事に過ぎない。

親父が俺に残したものには人とか土地とか建物だとかあるけれど、それは俺でなくても受け継ぐことが出来るし、大事に育ててくれるのならば誰が使ってもかまわないと思っている。

俺が言いたいのは親父が生きた証をこの肌が感じ取っているということさ。
それは俺以外の誰一人とて分からないことなんだよね。

“社会の枠組みに自分を合わせようとするのではなく、自分らしく生きることが出来ればいいのだと思う。それが階段を降りることだとすればそうすればいいだけのこと。”
これはイージー・ゴーイングという本がヒントになっていて、気持ちを言葉に置換するとこうなるのかな。

今のあなたの立場は“針の上のむしろ”だね。そんな表現をした方がいる。
普通の生活をしていると、こうした場所にはなかなか立てるものではないと思う。
けれどもこういう場所にいれることで、かけがえのない出逢いがあるのかもしれない。
なぜなら好きなものとそうではないものの区別が鮮明になってきたんだよ。


じゃぁまた。

スポンサーサイト

任せる

20070717103542.jpeg

「任せたよ。」
ちょっと聞くとかっこいい言葉です。
ただこの言葉を使うまでには技術や知識のみならず、人なりの教育が必要ですし、任せたと言って任せきりにしてしまっては、その方が先へ伸びないことがあります。しまいには任せられなくなって、結局、元にもどって自分が飛び回っている。なんてことにはなっているかもしれません。

任せるには、任せる側にしっかりとした展望が必要だと思います。
ただその時その場をしのぐようなスタイルで任せたのでは、便利屋さんのような扱いになってしまいます。中には本当に便利屋さんとして人間を扱っている方もいるかもしれません。

会社の将来(あるべき理想の姿)を考えながら任せることで、部下に自律性を持たせて、権限と責任を併せて委譲させて行けると思います。
営業開発は人から人へ、部署から部署へ、任せて行けるように考えて行きます。

理想を語ろう!

20070713083612.jpg

現実路線で走る工場にいると理想論者が弾かれることがあります。
安定した組織風土にいると改革意識に鈍感になることがあります。

少し言い換えますと、創業者というのは不安定な中で会社を興し、安定(理想)を目指していたので日々が改革でした。ところが次代へと受け継がれると、安定ある世界の中に最初から身を置いているために、多くの人が改革意欲(理想)を持たなくなります。更にそれが酷くなると改革意識すら邪魔なものとする考えが出没してきます。改革しなければ成らない問題があることを余計な事だと思い込んでしまい、たいした問題のない会社であることを自負したくなります。

創業者は理想を持って日々を改革に取組んできたからこそ今日があります。それはほぼ毎月のペースで叱咤激励のごとく私達に届けられた会長の文書に表されていました。もし理想を持たないでこれから先を歩んだ場合にあるものはなんでしょう?

たまに会社には飛び出す杭(非真面目)が出現します。しかしこれは悪者ではありません。なぜならば真面目タイプは限りのある井戸の中で生活して行く事を考えます(会社風土に倣う)が、非真面目タイプは井戸から飛び出して外から物事を本質的に捉えられるからです。外界と比較することで問題意識(理想)が芽生えます。

営業開発部は創業者の気持ち(初心にもどる)になり、今の時代にこれからの理想を掲げ行きたいと思います。

長い付き合い

もうかれこれ35年程の付き合いをさせていただいている協力工場があります。今は先代の後を継がれたご子息が溶接業を営まれています。
船舶部品等のパーツの溶接もこなしてしまう腕の良い方なので安心して仕事を頼めます。ところが景気の波はどう変化するかはなかなか読み切れないものです。仕事量が減り廃業の危機に迫っていたのです。

この方は当社が休日の際には敷地内にある庭の手入れに来てくれます。この庭は当社の会長が気に入っていたもので、その思いを受けて会長が他界した今も面倒をみてくれているのです。

私はこの方が廃業寸前にあることをまったく知りませんでした。うかつもここまでくるとうつけ者です。当社を公私の面からずっと支えてくれてきているのに、なんというお粗末な外注管理をしていたのかと反省しました。他人事ではないと思いすぐに事情を聴きに飛んで行きました。

独立して事業を始められたのは、当社の会長の口添えがあって決意したことなど現在に至る思いを話されました。
「こうして話を聞いていただけただけで心が休まりました。またやる気が出てきました。ありがとうございます。」
私はこの返事をいただいた時にお役に立てたことをうれしく思いました。

古くからつき合いのある協力会社さんを当社は数社抱えています。どの会社さんも苦しい時や忙しい時を共に力を合わせて乗り越えてきました。この方達の懐が暖まるように営業努力をして行くのが我々営業開発部の仕事なのだとあらためて思いました。

了見

20070711083631.jpg

了見には考え、思考、ゆるすことという意味があるのですが、世間でよく<了見が狭い>という言い方をします。それは“自分のことばかりで他人を受け入れない”とか“行き当たりばったりな考え方しかしない”ということだと思います。

工場にいると意外にこの了見の狭さに出くわす機会が多いのです。
例えばこのような言葉として表現されます。
「間に合わない」「値段が安い」「やり方がダメだ」「設備がない」

状況を踏まえながら使い分けが出来ていれば良いのですが、これが口癖になっているとあまり良い状態ではありません。
なぜなら、このような表現は<人のやる気をはぎ取る言葉>にもなるからです。

また上司の了見が狭いケースもあれば、部下の了見が狭い場合もあります。
たまたま虫の居所が悪いならば時間が解決するのですが、長い時間が経って出来上がった了見の狭さはやっかいです。

特注ものづくりには<了見の幅>がある程度は必要なのだと思います。

「それは無理です。」ではなくて「出来るように考えます。」

そんな可能性を秘めた営業開発部でありたいですね。

365日24時間

20070709082811.jpg

NHKプロフェッショナルで肝臓ガンの外科医幕内先生をクローズアップされていました。60歳になられる医師なのですが、現役として今もメスを手に取られています。

公務員であったり、経営者であったり、ビジネスマンであることをある時に忘れて不祥事をしでかしてしまうといったニュースが絶たない昨今ですが、この先生は常に医師であることを意識し勉強を怠りません。

見習いたくとも、この信念は真似る事が出来ない境地にあります。ただ何歳になっても勉強を続けることで経験と工夫を活かすことが出来ることを教えていただきました。

一日は8時間にあらず24時間なり

当社の経営理念にはこの先生と同じ教えがあります。必要とあらば、いつどこででも人事を尽くせる営業開発部でありたいと思います。

七夕飾り

20070706085316.jpg

いつもと同じ工場的な殺風景では面白みがない。

日本には正月に始まって、節分、花見、盆踊り、月見などなど四季折々を感じられる風情があります。それらは日本人が持つ特有のもののような気がします。会長は節分になると豆を買ってきては各部署に配布していたことを思い出します。

当社と古くからお付き合いのある八潮園芸さんが笹を持ってきてくださいました。

20070706090140.jpg

また古くからお取り引きをさせていただいてるダイキ工業さんが笹を立てる台を作ってくださいました。

20070706090212.jpg

そして構内に笹を立てておいたらこれまた知らぬ間に七夕飾りが増えていました。
ありがとうございます。

他力本願だといえばそれまでですが、七夕に願いを込めてみるというのもどこか心を揺さぶられるものがあるように思います。
情緒がある工場には豊かな心が育まれるような気がします。
20070706090255.jpg

20070706090323.jpg

蚊帳(かや)の外から

20070705080959.jpg

フィールドで一生懸命動き回っている選手には自分たちの状況がつかみきれません。ところがベンチからだと見える見える。

こんどは所属しているチームを離れてみます。するとどうでしょう、こんどはチームの事情が見える見える。

蚊帳の中では蚊帳の大きさ以上の事が分かりません。
蚊帳の外に出てみると、中では当たり前だった事が不条理な事であったり、変な事が当たり前だったというような発見がたくさんあります。

自分の家から一歩出てみる。
自分の職場から一歩出てみる。
いつもとは違う道を歩いてみる。
いつもとは違う人に逢ってみる。

新たな仲間、新たな企画、新たな組織、新たな対策、新たな技術・・・

蚊帳の中にいたのでは気づけない事がたくさんあります。
虫に刺されるのを怖がっていたのでは進歩はありません。
痛みは伴ないますが、ひとつ上を目指すには蚊帳の外から物事を見ることが必要なのだと思います。

慢心

hitler.jpg

ミートポーク社では偽装がありました。従業員の中にはそうしたくなくとも権力には抗えず、これではいけないと思いつつも手遅れになっていたという方もいたのだろうと思います。

もしヒトラー政権下に生まれていたら・・・
集団というものは国を上げてあらぬ方向へと行くことだってあります。
敗北して初めて己を振り返る。

風林火山というNHKの大河ドラマを観ているのですが、若い武田晴信(信玄)は今まで戦での負けを知りません。軍師である山本勘助の言葉さえ届かず突き進みます。そのために将軍達の胸中にそれぞれの思いを持ち始めます。強いと思われている武田軍もそれは見せかけの一枚岩でしかありません。

さて、当社もこの数年間は負け(赤字)を知りません。それにおごらぬように軍師にはコンサルタントの先生が来られているのですが、声は届いているでしょうか?

作業も慣れると怪我をすることがあります。
事がうまく進んでいるように見える時が一番危ないのかもしれません。
自分の考えが正しいと思い込んでしまうかもしれません。
大きなクレームを出したり、事故を起こしてからでは手遅れになってしまうことがあります。

営業開発部は慢心ならずに従業員の皆さんや周囲の方々の言葉に耳を傾けて事業に取組んで行きます。

決めごと

20070703084333.jpg

東京都知事が推進している環境対策が効果を出していることに倣い、大阪などの大都市が環境対策に腰が重い事を、国が法律を定めて取組まなければというような話をしたそうです。

これはスケールが大きい世界での話ですが、たとえば会社で月曜の朝は全員で敷地内の一斉清掃をしましょうと取り決めると、一斉清掃は行なわれます。しかしその清掃の数時間後には目の前に落ちているゴミを拾う者がいない。なんてことがあります。
本当に自分達の働く環境を大切に思ってゴミを拾える人はわずかな比率でしか存在しないのかもしれません。

ペットボトル、瓶、缶、燃えるゴミ、プラスチック製のもの・・・ちゃんと分別している人がいる。しかしその一方では道端へ平気でゴミを落として行く人がいます。
ですが誰が落としたかわからないゴミを拾って片付けている人がいます。
更にゴミを出さないように工夫されている人がいます。

知り合いの方に地球環境を考慮して、自家用車までコンパクトカーに替えられた方がいるのですが、私はそこまでなかなか出来ないでいるので、私欲をどうコントロールされているのか?頭が下がります。

決めごとをつくらなければならない理由は、地球の危機、経済の危機、経営の危機、家族の危機、生命の危機などそういう危機と真剣に向き合う機会を身に覚えた事がないと分からないことなのかもしれません。

それでも、分からない事を分からないままにするのではなく、
大事な事を決める時は、人ととことん向き合うことが大切
なのだと思います。

わかったような気分

さも経験があってというような輩に出くわす事があります。
話を聴いているうちに高飛車なオーラが段々と醸し出されてきて・・・

仕事を続けていればハッタリを利かせることが必要な場面があるでしょう。
しかしこの技(テクニック)を使い続けていると次第に底の浅さを露呈してしまうことになります。浅さがわかると一気に興ざめしてしまったりするものです。

もうひとつのテクニックにナーナーというものがあります。
なんとなく適当に物事が決まって行き、なんとなく現場に納まるのですが、問題が発生した時には責任者が誰なのかわからなくなっています。

これらは製造工場がやってはいけないことなのですが、勉強を怠っていると中途半端な経験が中途半端なものづくりをさせてしまうことがあります。そんな時には「まぁいっか。」「とりあえず。」こんな言葉を漏らしていたりします。

ついわかったような気分でいることを今一度見直したいと思うのです。
当社は若い力が源になっている特注ものづくり工場です。
だからわからない事を解明しながらものをつくることでこのような体質は是正して行けます。
そういう工場であれば慢心にならずに間違いのないものづくりが出来ます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。